カテゴリー別アーカイブ: 大阪の高齢者マンション

今後増え続ける高齢者の社会に向けて住居のあり方などを専門書などを用いて解説しています。

高齢者の住宅|玄関

高齢者マンション、シニアマンションなどや高齢者の住まいの中で、土間からホールへの上がり框は住宅の段差の代表といえるものです。できることなら段差はないほうがよいのですが、木造を主とする日本の住宅は床下からの湿気を防ぐ意味もあり、地盤面から屋内の床を高く上げるため(建築基準法では45cm)、玄関ポーチにいたるまでに段をつけても土間とホールの段盖は出てきます。また日本人は、はき物を脱いで家のなかに「上がる」という意識かおり、空間的けじめとしても段の必然性を認めているのでしょう。

高齢者の住宅で土間とホールに段盖をつける場合は、その差は18cm以下が望ましく、25cmをこえる場合は式台やこれに代わる段を設置します。段差が小さくなると逆に、はき物のはさかえに不便になりますのでベンチをつけ、その脇に立ちあがったり体を引きあげるための縦型手すりをつけます。
高齢者住宅に限らず玄関の外のポーチは地面より高くなっていますので、土間よりは少し余裕のスペースを設けますが、開き戸は、ドアが開くほうに体をよける十分なスペースが必要です。高齢者にとってスペースが不十分な場合は転落防止の囲いのようなものをつけていれば安心です。

高齢者は、ドアのわきに于すりをつければ力をかけやすくなります。雨の日にぬれてすべらないようにポーチのひさしは大きくとりましょう。