カテゴリー別アーカイブ: seo

インターネットの真の目的はそもそも地域活性にあります。SEO対策は広告のひとつの手段として弱者救出のためにあるべきでしょう。

優良大阪SEO対策株式会社

SEOを始めてから数年が経ち、私もようやっとそこそこ検索上位になるようになってきました。
たまには普段流しているメールに目を通すのも良いかと思い、過去に届いていたメールを読み直していると興味深いメールを見つけてしまいました。
まだ全部を理解することはできていませんが、だけど気になって仕方ないのも事実です。
とはいっても、やはりパソコン上の情報はどうしても信憑性に欠けるので、過去の経験と比べながら検討してみることにしました。

この商品はBOCC WEB AGENCYという販売者が販売しています。

優良大阪SEO対策株式会社というものです。
BOCC WEB AGENCYさんはこの商品を紹介することで有名になるやも知れませんね。
今までに体験した事のない次元の違う結果を得られる展望もあるそうです。
しかしながら、最低限の知識、経験、信用を得られるまでの努力と時間は必要であります。
今回が初めてではありませんが、今まで買ったこのジャンルの商品は買わなきゃ良かったというのもの方が多いような気がします。
でも、買ってみたら価格以上の価値ある商品かもしれません。
このように、今もっとも注目している優良大阪SEO対策株式会社を口コミでも広めていきたいと思います。

BOCC WEB AGENCYから提供されているSEO対策は、5000円~になりますが、このタイプの商品にしては、妥当な価格ではないかと思います。
買わなければとりあえず失敗はありません。しかし成功もないので、恐れは料金の5000円だけだと考え申し込むことにしました。
この商品、点数にすると、100点満点の文句なしの商品です。
優良大阪SEO対策株式会社の商品取扱ページでは、一見するとかなり魅力的で、検索上位表示・スキルアップが出来そうな気にさせます。
・・・確かに、商品取扱ページに書いているようになったことを自分自身で実感しております
価値のあるすばらしい商品です。
とりあえず私は、優良大阪SEO対策株式会社の存在を知ったことにすごく満足しています。
優良大阪SEO対策株式会社を掲載しているBOCC WEB AGENCYを、告訴してやりたいと思う人なんているはずはありません。
返品・返金制度があったにしても、返金を考えることなんて全くないでしょう。
はっきり言ってここでSEO対策を申し込んで損はないと思います。
世の中には「逆立ちしたって無理」と言う商品ばかりではありますが、この商品に限ってはそのようなことは決してない商品であると確信しております。
大阪でSEO対策の申し込みを検討されている方は、是非この機会に申し込みを検討されてみてはいかかでしょうか。

 

リンク要素のSEOテクニック

「SEO大阪でリンクしてくれるサイトの探し方」

どのようにリンクをしてもらうサイトを探せばよいのでしょうか?

相互リンクを依頼する

リンクを増やすための1つの方法は、自分のサイトに「SEO大阪」でリンクを張ってくれるように依頼をすることです。検索エンジンを使ってウェブサイトを探していき、もしリンク集を持っていたらその管理人にリンクを依頼してみましょう。一方的にリンクを張ってくださいと頼むより、相互リンクの申し出のほうが成功率は高いです。

その際注意すべきは、相手にリンクを依頼するときには、バナーではなく「SEO大阪」というテキスト文字でリンクをしてもらうことです。リンクレピュテーションの項目で触れたとおり、ロボット型検索エンジンは、アンカーテキスト内の文字情搬とリンク先サ仆との関連性を判断します。

相手に依頼するときは、「テキスト文字によるリンクでお願いできませんでしょうか?」といったように、あくまで低姿勢でお願いする立場を守りましょう。決して「SEO大阪」というテキスト文字のリンクでお願いします。と相手に一方的に押しつけるような行為は絶対にしてはいけません。

相手の都合で、テキスト文字ではリンクを張れないが、バナーであれば可能ということであれば、それでよしとしましょう。ペストはアンカーテキストですが、バナーでSEO大阪でのリンクであってもリンクポピュラリティー自体は評価してもらえます。

http://d-hpj.com/index.html

大阪などでSEOが注目されている理由

この記事は、2006年に発行された著書:検索にガンガンヒットするホームページの作り方/翔泳社発行/著者;渡辺隆広さん のSEO対策本に2013年流のSEO対策を追記 ()部分 させていただいております。オリジナルをお求めの場合はアマゾンなどでご購入をお願いします。

(下記のようなタイトルが文中にあります)

□ROI(費用対効果)に優れている

□広告・マ―ケテイングツ―ルとして投資効率に優れている

□他のインタ―広告ツールとしても投資効率がよい

 検索エンジンからの集客は費用対効果に優れており、高いROI (ReturnOn Investment:利益投資率の略。広告に投じた資金に対して得られる利益を意味する)を実現できることも、SEOが注目される一因でも従来のバナー広告やメール広告、アフィリェイト広告は、いったんそのキャンペーンを終了すると、そこからのトラフィック誘導を望むことはできません。例えば、従来バナー広告で集客していても、そのバナー配信をやめれば、集客もピタリと止まります。アフィリェイト広告もメール広告も、そのプログラムを終了したり、掲載を停止したりすれば、そこからのユーザーの誘導は行えません。SEOは無料で永続的な広告効果が得られる。

(この事は現在も言えると思います。書いている通りSEOを手段のひとつならば、バナー広告や専門誌への出稿などの中でも断然に費用対効果が高いということです。特に大阪などの地方名を入れることにより対策費用もぐっと下がり、SEOの施策自体も和らぐこととなります。)

 しかし、SEOにより検索エンジンの上位に掲載することができれば、安定した集客を図ることができます。さらに検索エンジンの上位に掲載すること自体は無料ですし、クリックに対して課金されることも、契約に結びついた件数に対して課金されることもありません。

 適切なSEOを施せば、ほんの少しの掲載位置のメンテナンスによって、安定して上位に掲載し続けることができるため、長い目で見れば、非常に投資効果の高い結果を生むことになるのでもこのように、SEOは費用対効果が高いながら、ターゲット顧客を効率よく誘導できるマーケティングツールとして注目されるようになりました。

これと同時にPPC広告といものも同じく盛んに使われています。そもそもGoogleは広告代理店です。検索エンジんの正確性がなければGoogleの広告を使う人も減るでしょう。どんなにSEOを頑張っても1位から4位はGoogleの宣伝コーナーに収まります。キリック率は抜群ですがキーワードによっては1クリックの課金料金も跳ね上がっていきます。当然に次にくるキーワード競争は地方名をプラスさせることです。大阪へ集客したいのであれば主要キーワード+大阪などで課金料金はどんと下がります。キーワードが増えれば増えるほどGoogleは商売になります。弊社もSEO大阪でPPC広告に出稿したことがありますが、この大阪という地方名がプラスされたものでもSEOという難関キーワードが入っているおかげで単価は跳ね上がってきます。業者からSEOの見積りを1件もらうのに3000円~5000円払う時代ですので、この先はそこまではいかなくともその10/1程度の金額のはなってくるのでしょう。

集客能力があるSEO対策

この記事は、2006年に発行された著書:検索にガンガンヒットするホームページの作り方/翔泳社発行/著者;渡辺隆広さん のSEO対策本に2013年流のSEO対策を追記 ()部分 させていただいております。オリジナルをお求めの場合はアマゾンなどでご購入をお願いします。

(さて、高い集客能力があるSEO対策はWEBマーケティングと一体で考えなければ本末転倒の結果となり兼ねません。SEOは単に媒体の露出方法のひとつにしか過ぎず、上位表示でものが売れる時代はすでに終わっています。その昔は、本にもあるように)

口検索エンジンの利用率が急増した。

口検索エンジンユーザーはECサイトには好意的。

口検索エンジンは、巨大なトラフィックを生み出しているが、SEOを使えばそれを有効に利用できる。

(ということもありましたが、現在はそれぞれが難しい状況にあるといえるでしょう。)

検索エンジンは巨大トラフィックつまり、検索エンジンは、大多数のインターネットトフィックを占めているサイトなのでもさらに、そのトラフィックは検索結果の最初の2ページ目以内から生まれています。この事実は次のようなことも示唆しています。

 つまり、検索結果の最初の2ページ目に表示されないウェブサイトは、それだけで80%近くのトラフィックを失っていることを意味するのです。だからこそ、SEOにより、この80%のトラフィックを獲得しようという考え方が生まれたのです。検索エンジンユーザーが爆発的に増えた検索エンジンの検索結果画面で上位に表示されるように、検索エンジンの評価方法に合わせたウェブサイトを構築するこれがSEOです。では、そもそもどうしてこのようなSEOという考え方が生まれ、注目されるようになったのでしょうか。

 まず第一に、検索エンジン経由でウェブサイトを訪れるユーザー数の多さが、無視できない数になっているということです。先述したとおり、インターネットユーザーの80%は、検索エンジン経由でウェブサイトを訪れているという調査結果からも明らかなように、非常に多くのユーザーが自分が興味・関心のあるサイトに訪れる際に、検索エンジンを利用しているということです。ユーザーはECサイトの潜在顧客さらに、「85%のユーザーは検索エンジンを利用して商品やサービスを調べている」(Internet.com, 2001)という調査結果は、ウェブサイト上でビジネスを行っている企業(例えばECサイト)から見れば、検索エンジンから集客を行うことが大変重要な意味を持つことを示しています。

 なぜなら、検索サービスを利用してEC (Electric Commerce:電子商取引)サイトを訪れるユーザーというのは、検索キーワードに、そのECサイトが取り扱っている商品やサービスに関係する言葉を使って訪れていることになり、これらのユーザーは見込み顧客になりうるからです。

(当然にネットショプが増えて、同じような商品が増えてきた場合にどこで差がつくのでしょうか?1位にい続けることもそうでしょうが、タイトルの付け方ひとつでクリック率は変わってきます。WEBマーケティングを知らなければ例え上位に表示したとしてもおいてけぼりを倉ってしまう状況になりました。例えば大阪だけでも商品名+大阪や商品名+東京などの大都市のキーワードでは凌ぎを削っています。
SEOにいては地域活性を見出す宣伝媒体として活躍してもらわなければならないのですが、GoogleはSEO対策の対策をたててきているので、上位表示を維持するのは本物だけという、辞書のようなつまらない検索結果となってしまう可能性もあります。オリジナルの記事を書かなければならないというコンテンツSEOがいわれる理由がここにあるのです。)

SEO大阪 BOCC WEB AGENCYの2013年流

この記事は、2006年に発行された著書:検索にガンガンヒットするホームページの作り方/翔泳社発行/著者;渡辺隆広さん のSEO対策本に2013年流のSEO対策を追記させていただいております。オリジナルをお求めの場合はアマゾンなどでご購入をお願いします。

ロ ウェブサイトをアルゴリズムに合わせて作れば、検索結果の上位に表示することができる。

口 SEOは、検索エンジンに最大限高く評価してもらうウェブサイトを作るためのテクニック。

アルゴリズムに合わせて作れば上位表示が可能さて、検索エンジンが表示する検索結果は、アルゴリズムというプログラムによって決められていることがわかりました。ではもう一度SEOに話を戻しましょう。

 アルゴリズムによるウェブサイトの評価方法は、例えばウェブサイトの中に、検索された言葉が何回表示されているのか、ウェブサイトのタイトルは何か、そのサイトはどんなサイトからリンクが張られているのか、といった、サイトに関するさまざまな要素を判定しているのです。

 これによって、高く評価されているサイトほど、検索結果の画面上に表示されます。言い換えると、自分のサイトをこの「検索エンジンアルゴリズム」に高く評価してもらえるように作り替えてしまえば、表示順位を上げることが可能だということです。

 アルゴリズムが分析する主な対象は、ウェブサイトを作る言語、HTML(HyperTe・xt Markup Language)の書き方ですのでヽそのHTMLの書き方を工夫して、検索エンジンに好まれるようにすれば、掲載順位を上げることができるわけです。

追記:このことについては現在も継続した内容となっていると思います。SEO大阪ではそのようなことを踏まえて、WEB制作とマーケティング、そしてSEOの3身一体型のコンサルタイプのSEOを2013年以降に向けて取り組む必要があると考えていますし、GppgleのSEO世指針を拝見しましてもそのような方向でいかなければ上位表示のアルゴリズムには対抗できないのではないかと推測しています。

大阪という土地を重視する限り大阪ならではという専門性を生かしたWEBサイトの制作が根本かと考えています。SEOは日々進化しているということです。

 SEOは自分のサイトを高く評価してもらうための手段 SEO(検索エンジン最適化)というのは、「検索エンジン」に自分のウェブサイトを高く評価してもらえるように「最適化をしよう」ということで丸この本では、そもそもSEOとは何なのか、どんなメリットがあるのか、といったSEOそのものの概念から、具体的にSEOを自分のサ仆に組み込むためにはどうすればよいのかといった具体的な方法について解説をしています。

WEBとSEO/BOCC WEB AGENCY
http://d-hpj.com/

ひと昔前のSEO対策

今では化石のようなSEO対策のお話です。
著書:○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
より抜粋していますので、詳しくはご購入ください。

この10年間ほどで誰もがパソコンを持つようになり、ブロードバンドやユビキタスの環境が整ってきました。その結果、インターネット人口は爆発的に増え続け、今では、毎日あるいは四六時中アクセスする人も珍しくありません。ユーザーは、何か調べ物をしたり、物を買ったりするのに、普通にインターネットを使うようになりました。同時にホームページを制作する人もどんどん増えてきて、いまや世界中で数十億ページものホームページが存在しています。そしてさらに今も増え続けているという状態です。

そういう状況で、ホームページ制作者や運営者圦無数のホームページの中からどうやって自分のところに見に来てもらえるのかを、真剣に考えるようになるのは自然な流れでしょう。そして今、「そうか。ほとんどのユーザーは検索エンジンでホームページを探すのだから、検索エンジンの表示結果に表示されるようにすれば、自分(自社)のホームページに来てもらえるぞ」と考えるようになりました。その考えを実現する手段が、この1年ほどのあいだに巷で囁かれだしたSEO(=検索エンジン最適化)テクニックです。