関空港駐車場問題その他

関西空港駐車場問題その他

一次答申に燃える

経済界の期待をこれほどまでに集めた関空駐車場と関西新国際空港プロジェクトとは、どんな規模のものであったのか。 航空審議会の第一次答申やこれを受けての政府見解などをみて、経済界が描いた関空駐車場プロジェクトの姿は

①新空港は伊丹空港の廃止を前提に建設されるものだけに、新しい航空輸送需要に対応するとともに、伊丹空港の機能や能力をも代替する国際線、国内線の拠点空港となる。

②その規模として「国際空港として最小単位である四千メートル主滑走路二本に加え、三千二百メートル横風用補助滑走路一本を持つ」とあるように、少なくとも主滑走路二本を持った、二十四時間運用可能な空港として、極力、空港閉鎖といった事態を避け得る空港でなけれぱならない。つまり何らかの事故で一本の滑走路を閉鎖しても、他の滑走路を使用することによって空港そのものの閉鎖という最悪の事態を避けることができるし、とりわけ海上空港となる新空港は地盤沈下という、やっかいな問題がつきまとうことを考慮に入れると、どうしても二本の主滑走路を持つものでなければ、その意図するところの「フルタイム空港」としての十分な機能を発揮する空港とはいえない。加えて東西方向の横風用補助滑走路をも整備するという本格的な国際空港となる。

③新空港の航空機離着陸回数は伊丹空港の年十三万回に対し、年十六万回の能力のものとなる。

④このため必要な空港面積は一千百ヘクタール。伊丹空港の三百十七ヘクタールのざっと三倍の広さのものとなるだけでなく、その用地を海上に建設するというかつてない大型関空駐車場工事となる。

関空駐車場と新空港の開港目標が八五年という政府方針から考えると、大変な短期、集中施工が求められるプロジェクトである。というものであった。このように経済界は関空駐車場の計画の規模の大きさとともに工事期間が大変に短いプロジェクトであり、それだけ集中施工を必要とされるというところに大きな期待をかけたというわけである。