ヒートアイランド対策と関空駐車場

関西空港駐車場の保水性舗装とは、すきまがたくさんあるアスファルト舗装(アスファルト混合物)に保水材(水分をたくさん蓄えておくことのできる物質)をしみ込ませたものである。雨の日などに吸収した水分を晴れた日に蒸発させ、気化熱を奪うことにより、舗装面に水をまいたときと同じようにして、表面温度を低下させる役割を持っている。

関空駐車場では、ヒートアイランド現象の緩和に向けて保水性舗装の実験を行っており、普通の舗装と比べ10℃程度の温度を下げる効果を確認している。

関空駐車場といえども、舗装部分に熱がこもり地表に反射されると、地表が温められるだけでなく、駐車している車の室温も上がり、冷房を長くかける必要性が出てきて、結果的にエネルギー消費量も増えることになる。そのため、保水性のある舗装が求められているのである。それと同時に「緑化運動」もさかんになっている。ビルであれば屋上の緑化があるが、平面の駐車場においても、芝生を利用した駐車場なども出現している。

関空駐車場では、街区レベル及び建築物単体での被覆のあり方を変える対策を進めてい゛て、ヒートアイランド対策として、道路や公園、駐車場などの既存のコンクリートやアスファルト舗装をはがし、保水性舗装や芝舗装に変更していく予定を持っている。従って、今後駐車場を設置しようとするなら、舗装の仕方を十分に配慮することが必要である。既存の駐車場では、周りに緑を植える、車や周りの建物の配置を考慮し、「風」が通るような配置を考えるなどをして、少しでもヒートアイランド現象が低減するよう対策が求められている。

あれも再生紙(古紙)洋紙編

王子製紙著書:最新紙のリサイクル100の知識より発行された本より抜粋した内容を記事に取り上げていいます。1998年のものなので古い情報ですが、古いが故に他にないものかもしれないと思って掲載しました。オリジナルがご入用な方は一度アマゾンで問い合わせてみてください。大抵は図書館に行けばおいてあるかと思います。

洋紙は、板紙ほど再生紙化されていません。古紙パルプ配合率も低いといえます。ですが、上質紙・上質コート紙などを除けば、中質紙などはほとんど再生紙であるといえますし、その商品例も数多くあります。

ちょっとみてみましょう。

 〈新聞紙〉

 日本で使用されている新聞用紙は、ほとんど全部が再生紙で古紙パルプ配合率は約40%。輸入された新聞用紙の大部分には古紙が入っていないため、使用後は良質な古紙として生まれ変わります。

 〈書籍・教科書〉

 この分野の印刷用紙には、高級書籍・教科書を除いてほとんどに再生紙が使用されていますが、古紙配合率はさほど高くなく、20%~40%。教科書用紙に関しては再生紙化が本格化し、平成10年度の使用分の一部より古紙パルプ30%配合の教科書もお目見えしています。

 〈雑誌〉

 週刊誌についていうと、表紙およびセンターページ等には、古紙パルプを含まない上質コート紙・アート紙が使われていますが、大部分を占める本文用紙のほとんどは再生紙です。古紙配合率は20%~60%とばらつきがあります。パンフレット、カタログ誌などについては、従来は表紙・本文用紙とも主に上質コート紙、アート紙が使用されていました。しかし、比較的色の白い再生紙(コート紙)がどんどん使用されているのが最近の傾向です。古紙配合率は、高白色が要求されるため10%~40%と低めになります。

〈チラシ〉

上質コート紙・上質紙・中質コート紙・中質紙等、種々の紙が使われています。中質系の紙はほとんどが再生紙で、古紙パルプ配合率は40%~80%位ですが、中には100%に達するものも出ています。

〈トイレットペーパー〉

古くから古紙パルプが使用されており、古紙配合率も非常に高く、100%に達するものもあります。

〈はがき・国勢調査用紙〉

官製(郵政省の発行)のはがきは、季節はがき(カモメール・年賀はがき40%古紙)を中心に再生紙となっており、近年中に大部分のものが再生紙に変わる可能性は十分にあると考えられます。 1990年度国勢調査が実施され、調査用の紙として初めて再生紙が採用されました。

〈その他〉

 その他の用途の紙についても再生紙化が進んでいます。すべての用途に再生紙が使用できるとは限りませんが、大部分の用途にほとんど問題なく再生紙が使用できるものと考えています。

再生紙(古紙)とは何か

 王子製紙著書:最新紙のリサイクル100の知識より発行された本より抜粋した内容を記事に取り上げていいます。1998年のものなので古い情報ですが、古いが故に他にないものかもしれないと思って掲載しました。オリジナルがご入用な方は一度アマゾンで問い合わせてみてください。大抵は図書館に行けばおいてあるかと思います。

再生紙という言葉は10年ほど前にマスコミによって作られたもので、今だにはっきりとした定義はありません。嬰するに占紙(購人古紙=一皮使用された後、回収され製紙会社によって購入されたもの)が使用された紙を指すのであって、古紙を100%含む紙も10%含む紙もいずれも再生紙となっていますが、古紙配合率を明確にして定義すべきだという声もあります。他にも、古紙再生紙、リサイクルペーパー、リフレッシュペーパー等、いろいろによばれています。

 再生紙は、古くは平安時代から漉き返し紙として作られていたようです。現代ではティッシュや靴の箱等でおなじみの板紙の分野から、古紙利用は始まりました。次いで、印刷所・紙加エメーカーから発生する印刷インキのついていない古紙が洋紙の分野にも入ってきました。しかし、そういった印刷インキのついていない古紙(産業古紙)の発生量は少なく、限りがあります。その後、脱墨(印刷インキの除去)設備が導入され、印刷された古紙が脱墨されて使用され始めたのは昭和三〇年代となります。

 古紙使用比率は、九六年現在で板紙で約88%、洋紙で約二七賢となっています。板紙に使用される古紙は、段ボール古紙・雑誌古紙・新聞古紙などです。それらは、パルパー(ミキサーの大型といえるでしょう。紙は一本一本の繊維にまでバラバラにされます)で離解され、そのまま簡単なスクリーン処理をしてパルプ原料に使用されるのです。洋紙を同様の方法で処理すると、インキのついた古紙が色のついたチリとなってしまうので、脱墨処理されたものが主に使用されます。脱墨されて使用されるのは、主に新聞古紙と模造古紙(コンピュータアウトプット紙・コピー紙等の上質系の古紙)です。

 板紙と洋紙とで、古紙パルプ配合率になぜこのような差があるのでしょう。板紙は大部分が多層抄の紙ですから、外観上さほど問題視されないので、紙の中潜・裏層には多量の古紙パルプが使用できるのです。一方、洋紙は裏も表も同じように重要ですから、脱墨された古紙パルプですら多量に配合することが難しくなるわけです。しかし、脱墨の技術・漂白の技術とも大変進歩していて、最近では脱墨パルプを100%配合していても、見ためはバージンパルプー100%の紙と遜色ないものまで生まれています。現在では市場に出ている紙のうち、古紙を全く使用しない製品が少ないくらいにまでなってきました。100%バージンパルプ使用のティッシュペーパーなども、いずれは再生紙に変わっていく可能性があるといえるでしょう。

大阪などでSEOが注目されている理由

この記事は、2006年に発行された著書:検索にガンガンヒットするホームページの作り方/翔泳社発行/著者;渡辺隆広さん のSEO対策本に2013年流のSEO対策を追記 ()部分 させていただいております。オリジナルをお求めの場合はアマゾンなどでご購入をお願いします。

(下記のようなタイトルが文中にあります)

□ROI(費用対効果)に優れている

□広告・マ―ケテイングツ―ルとして投資効率に優れている

□他のインタ―広告ツールとしても投資効率がよい

 検索エンジンからの集客は費用対効果に優れており、高いROI (ReturnOn Investment:利益投資率の略。広告に投じた資金に対して得られる利益を意味する)を実現できることも、SEOが注目される一因でも従来のバナー広告やメール広告、アフィリェイト広告は、いったんそのキャンペーンを終了すると、そこからのトラフィック誘導を望むことはできません。例えば、従来バナー広告で集客していても、そのバナー配信をやめれば、集客もピタリと止まります。アフィリェイト広告もメール広告も、そのプログラムを終了したり、掲載を停止したりすれば、そこからのユーザーの誘導は行えません。SEOは無料で永続的な広告効果が得られる。

(この事は現在も言えると思います。書いている通りSEOを手段のひとつならば、バナー広告や専門誌への出稿などの中でも断然に費用対効果が高いということです。特に大阪などの地方名を入れることにより対策費用もぐっと下がり、SEOの施策自体も和らぐこととなります。)

 しかし、SEOにより検索エンジンの上位に掲載することができれば、安定した集客を図ることができます。さらに検索エンジンの上位に掲載すること自体は無料ですし、クリックに対して課金されることも、契約に結びついた件数に対して課金されることもありません。

 適切なSEOを施せば、ほんの少しの掲載位置のメンテナンスによって、安定して上位に掲載し続けることができるため、長い目で見れば、非常に投資効果の高い結果を生むことになるのでもこのように、SEOは費用対効果が高いながら、ターゲット顧客を効率よく誘導できるマーケティングツールとして注目されるようになりました。

これと同時にPPC広告といものも同じく盛んに使われています。そもそもGoogleは広告代理店です。検索エンジんの正確性がなければGoogleの広告を使う人も減るでしょう。どんなにSEOを頑張っても1位から4位はGoogleの宣伝コーナーに収まります。キリック率は抜群ですがキーワードによっては1クリックの課金料金も跳ね上がっていきます。当然に次にくるキーワード競争は地方名をプラスさせることです。大阪へ集客したいのであれば主要キーワード+大阪などで課金料金はどんと下がります。キーワードが増えれば増えるほどGoogleは商売になります。弊社もSEO大阪でPPC広告に出稿したことがありますが、この大阪という地方名がプラスされたものでもSEOという難関キーワードが入っているおかげで単価は跳ね上がってきます。業者からSEOの見積りを1件もらうのに3000円~5000円払う時代ですので、この先はそこまではいかなくともその10/1程度の金額のはなってくるのでしょう。

集客能力があるSEO対策

この記事は、2006年に発行された著書:検索にガンガンヒットするホームページの作り方/翔泳社発行/著者;渡辺隆広さん のSEO対策本に2013年流のSEO対策を追記 ()部分 させていただいております。オリジナルをお求めの場合はアマゾンなどでご購入をお願いします。

(さて、高い集客能力があるSEO対策はWEBマーケティングと一体で考えなければ本末転倒の結果となり兼ねません。SEOは単に媒体の露出方法のひとつにしか過ぎず、上位表示でものが売れる時代はすでに終わっています。その昔は、本にもあるように)

口検索エンジンの利用率が急増した。

口検索エンジンユーザーはECサイトには好意的。

口検索エンジンは、巨大なトラフィックを生み出しているが、SEOを使えばそれを有効に利用できる。

(ということもありましたが、現在はそれぞれが難しい状況にあるといえるでしょう。)

検索エンジンは巨大トラフィックつまり、検索エンジンは、大多数のインターネットトフィックを占めているサイトなのでもさらに、そのトラフィックは検索結果の最初の2ページ目以内から生まれています。この事実は次のようなことも示唆しています。

 つまり、検索結果の最初の2ページ目に表示されないウェブサイトは、それだけで80%近くのトラフィックを失っていることを意味するのです。だからこそ、SEOにより、この80%のトラフィックを獲得しようという考え方が生まれたのです。検索エンジンユーザーが爆発的に増えた検索エンジンの検索結果画面で上位に表示されるように、検索エンジンの評価方法に合わせたウェブサイトを構築するこれがSEOです。では、そもそもどうしてこのようなSEOという考え方が生まれ、注目されるようになったのでしょうか。

 まず第一に、検索エンジン経由でウェブサイトを訪れるユーザー数の多さが、無視できない数になっているということです。先述したとおり、インターネットユーザーの80%は、検索エンジン経由でウェブサイトを訪れているという調査結果からも明らかなように、非常に多くのユーザーが自分が興味・関心のあるサイトに訪れる際に、検索エンジンを利用しているということです。ユーザーはECサイトの潜在顧客さらに、「85%のユーザーは検索エンジンを利用して商品やサービスを調べている」(Internet.com, 2001)という調査結果は、ウェブサイト上でビジネスを行っている企業(例えばECサイト)から見れば、検索エンジンから集客を行うことが大変重要な意味を持つことを示しています。

 なぜなら、検索サービスを利用してEC (Electric Commerce:電子商取引)サイトを訪れるユーザーというのは、検索キーワードに、そのECサイトが取り扱っている商品やサービスに関係する言葉を使って訪れていることになり、これらのユーザーは見込み顧客になりうるからです。

(当然にネットショプが増えて、同じような商品が増えてきた場合にどこで差がつくのでしょうか?1位にい続けることもそうでしょうが、タイトルの付け方ひとつでクリック率は変わってきます。WEBマーケティングを知らなければ例え上位に表示したとしてもおいてけぼりを倉ってしまう状況になりました。例えば大阪だけでも商品名+大阪や商品名+東京などの大都市のキーワードでは凌ぎを削っています。
SEOにいては地域活性を見出す宣伝媒体として活躍してもらわなければならないのですが、GoogleはSEO対策の対策をたててきているので、上位表示を維持するのは本物だけという、辞書のようなつまらない検索結果となってしまう可能性もあります。オリジナルの記事を書かなければならないというコンテンツSEOがいわれる理由がここにあるのです。)

SEO大阪 BOCC WEB AGENCYの2013年流

この記事は、2006年に発行された著書:検索にガンガンヒットするホームページの作り方/翔泳社発行/著者;渡辺隆広さん のSEO対策本に2013年流のSEO対策を追記させていただいております。オリジナルをお求めの場合はアマゾンなどでご購入をお願いします。

ロ ウェブサイトをアルゴリズムに合わせて作れば、検索結果の上位に表示することができる。

口 SEOは、検索エンジンに最大限高く評価してもらうウェブサイトを作るためのテクニック。

アルゴリズムに合わせて作れば上位表示が可能さて、検索エンジンが表示する検索結果は、アルゴリズムというプログラムによって決められていることがわかりました。ではもう一度SEOに話を戻しましょう。

 アルゴリズムによるウェブサイトの評価方法は、例えばウェブサイトの中に、検索された言葉が何回表示されているのか、ウェブサイトのタイトルは何か、そのサイトはどんなサイトからリンクが張られているのか、といった、サイトに関するさまざまな要素を判定しているのです。

 これによって、高く評価されているサイトほど、検索結果の画面上に表示されます。言い換えると、自分のサイトをこの「検索エンジンアルゴリズム」に高く評価してもらえるように作り替えてしまえば、表示順位を上げることが可能だということです。

 アルゴリズムが分析する主な対象は、ウェブサイトを作る言語、HTML(HyperTe・xt Markup Language)の書き方ですのでヽそのHTMLの書き方を工夫して、検索エンジンに好まれるようにすれば、掲載順位を上げることができるわけです。

追記:このことについては現在も継続した内容となっていると思います。SEO大阪ではそのようなことを踏まえて、WEB制作とマーケティング、そしてSEOの3身一体型のコンサルタイプのSEOを2013年以降に向けて取り組む必要があると考えていますし、GppgleのSEO世指針を拝見しましてもそのような方向でいかなければ上位表示のアルゴリズムには対抗できないのではないかと推測しています。

大阪という土地を重視する限り大阪ならではという専門性を生かしたWEBサイトの制作が根本かと考えています。SEOは日々進化しているということです。

 SEOは自分のサイトを高く評価してもらうための手段 SEO(検索エンジン最適化)というのは、「検索エンジン」に自分のウェブサイトを高く評価してもらえるように「最適化をしよう」ということで丸この本では、そもそもSEOとは何なのか、どんなメリットがあるのか、といったSEOそのものの概念から、具体的にSEOを自分のサ仆に組み込むためにはどうすればよいのかといった具体的な方法について解説をしています。

WEBとSEO/BOCC WEB AGENCY
http://d-hpj.com/

駐車料金の競合が少ない立地|関空駐車場の土地

 著書:駐車場経営ハンドブック(小濱岱治、小野攻著者)/経営情報出版社発行より抜粋し、関空駐車場経営者からのコメントを一部追加しています。

最近は一部の地域や(勿論、関空駐車場でも)で、駐車料金の競争が潜在的に激しくなっている地域が出ている。特に住宅地域の長期契約による月極駐車場の場合には、利用者は少しでも安い契約料金の方に移動をする傾向が強くなり、安定利用客の確保が難しくなる地域もあるので注意が必要となる。一方で都心部のような駐車需要の高い地域に於いては、特に時間ぎめ駐車場の場合には、利用者は料金よりも早く駐車が出来る場所を優先的に選ぶ傾向があるので、多少の料金の高い設定でも、利用率を高く保持している所もある。

⑥ 環境性への配慮

 例えば病院、学校、幼稚園、保育園、介護施設等の周辺に位置する駐車場はそれなりの環境や安全対策が必要となる。特に駐車場の入口付近の交通安全対策や騒音防止、排気ガスヘの配慮など、一応の注意が必要となる(、関空駐車場などでも住宅地の中にあるケースも少なくないのでこのケースはあてはまるだろう)。

⑦ 駐車場の土地の形状への配慮

 相当に広い敷地面積を保有する地主が、その空閑地を一時駐車場に活用して収入を図ろうとする場合、その多くは、実際に駐車区画を平面上に割り当てて見ると、思ったよりも少ない駐車台数の施設しか出来ないと言った例は多い。それだけ最近の自動車の平面上に占める面積は大きくなっていることと、走行路の確保や安全上のスペースを確保すると、予定よりも遙かに少ない駐車台数しか収容出来ない状況となることが多い。特に四角形の土地なら、駐車区画割りも合理的に取れる場合が多いが、変形した土地の駐車場では、予定した駐車可能台数が少ない場合が多いので、事前に平面図による駐車区画の割当によって収容台数の確認をする必要がある。もちろん最近は立体型の機械式駐車施設を活用すれば、駐車収容台数は増加するが、その機械の配置についても、変形土地については思ったよりもレイアウトが合理的に出来ない場合もあるので、計画を密にした事前対策を充分にしておくことである。(関空駐車場の経営としては利用者殆どが旅行者となるために繁忙期がバカンスの時期に集中する。したがって土地の形状も含めて広いに越したことはないが、土地えお賃貸している場合など閑散期の売上げなども考慮する必要があるのでバランスが難しい面があるといえる)

関空駐車場や月極駐車場

著書:駐車場経営ハンドブック(小濱岱治、小野攻著者)/経営情報出版社発行より抜粋。

 関空駐車場や月極駐車場のように、ある程度固定した顧客を収入源とするような駐車場は別として、特に時間契約の駐車利用客を導入する場合には、動く車から駐車場位置が明確にアピールできるような立地に位置することが望ましい。例えば駐車場の間口が30mあったとしても、時速40Kmだ走っている自動車は、その前を走り抜けるのに0.4秒も掛からずに行ってしまうわけである。したがって、走行中の自動車に駐車場の位置をアピールさせるためには、相当に遠くから標識が見えるか、相当手前に標識を置かなければ、訴求力は減少されると言うことである。特に時間ぎめの駐車場のような場合には、満車と空車の状態を早くドライバーに分からせるような方法を取らなければならないから、このような対応策が取れる立地に駐車場の位置があることが望ましくなる。

③ 関空駐車場利用の3大原則

 駐車場の利用に際して、ドライバーから見た駐車場の善し悪しは、「入りやすく」「止めやすく」「出やすい」の3点から評価される。

 例えば、入りやすさ出やすさの観点から駐車場を見ると、図表1-3のような状況で判断され、此処では「A」の駐車場のみが、まずまずの条件を満たしていることになる。さらに「止めやすく」の観点では、主として自走式の駐車場では、場内の走行路の確保・スペースで駐車幅と長さの適正な確保、車止めによる安全施設の設置、一方通行等による保安対策、定期監視員等による巡回保安、混雑時等における保安員による誘導対策一等が実施されていれば、ドライバーにとっては安心利用の気持ちが強くなる。

④ 関空駐車場施設の管理費が比較的に低く抑えられる

 駐車場の位置が管理者の所在地と離間している場合には、駐車場を管理するための交通費や、これに伴って防犯設備を厳重にしたり、掃除道具置き場や洗車用具格納庫の設置などが必要となる場合もある。また、管理者の所在地の近くに駐車施設があっても、周辺に公園緑地等があれば、落ち葉木の葉や砂埃等が駐車場に舞い込み、その清掃や特に多段式の機械型の駐車場の場合には、機械整備が時として平常より多く必要とする場合も発生する。さらに、ごみ収集施設やごみの発生しやすい立地の場合には、快適な駐車施設を維持していく場合に、清掃管理費がそれだけ嵩むこともある。なお、メーン通り以外の駐車場では、駐車場への導入看板や表示設備等の宣伝広告費用を多く必要とする場合もある。このような状況を勘案した上での駐車場立地の判断が必要と言える。

関空駐車場の経営について

下記の解説は著書:駐車場経営ハンドブック(小濱岱治、小野攻著者)/経営情報出版社発行より抜粋しています。

(駐車場の適応地判断)

駐車場経営は一面では立地産業であることは前項で述べた通りである。しかしそれも単なる立地性格ばかりでなく、その施設予定地が駐車場の経営に適する立地かどうかの判断も考えなければならない。それには一般的には次の事項で評価すると良い。これは関空の駐車場を経営する場合も応用できるだろう。

・安定した駐車場需要の発生が高いこと。

・駐車場の設置計画地が自動車ドライバーの目につきやすい場所であること。

・車が安易に入りやすく・止めやすく・出やすい位置にあること。(関空には自前の駐車場がある)

・駐車場施設の管理費が比較的に低く抑えられる立地にあること。

・駐車料金による競合が少ない立地であること。(関空では、民間駐車場や闇業者などが乱立している)

・駐車場設置に対する環境性に適応していること。病院・住宅地・幼稚園・防犯地域等への配慮。

・駐車場設置予定の土地が駐車区画割当がし易い形状となっていること。

① 安定需要立地

駐車場の収入は利用率に比例する。特に時間契約の駐車場では、空車時間帯は収入源が無くなるのと同じことになるから、駐車スペースの空車割合は低く抑えなければならない。もっとも、例えば1時間まで500円としたような場合に、最初に入ってきた車が30分程度の駐車で出庫してしまい、その後に入ってきた車も都合で20分くらいで出ていくような場合には、1台の空車スペースで1時間で1,000円と、基本規定の500円の料金より2倍の収入となる場合も出てくることもある。逆に1時間たっぷり駐車して、すぐに後に車が入ってきても、前とあとの車との駐車交代時間が5分程度ずれるから、実質的にはそれだけ時間収りよ低くなることになる。関空などでは業者が多いので立地条件の選択はもうひとつ難しいかもしれません。(尚、関西国際空港の駐車場は空港に併設しています。)

したがって出来れば、全日制契約や長期月極契約のように、安定した駐車料金の収入が多ければ、それだけ効率の良い経営が可能となるし、収支予算の立て方の予測も付けられやすくなると言う利点がある。すなわち固定的な収入源を確保して、駐車場経営を有利に進めるためには、時間帯契約の割合を少なくして、月極のような固定収入を図る形態を多くした方がベターと言うことになる。
関空などでは旅行に使う駐車場なので1泊とか3泊とかの短期間が多いので料金設定も競合があり調査する必要があります。

例として大阪のウェーブパーキング関空の料金表をご覧ください。
http://www.waveparkingkanku.com/ryoukin.htm

もっとも繁華街のような商業地域の立地の駐車場で、常に満車状態かそれに近い利用率が望める場所なら、安定駐車利用率の観点から、駐車場経営は成り立つ要因は高くなるわけである。ここはやはり関空とは条件が違うところだろう。

ひと昔前のSEO対策

今では化石のようなSEO対策のお話です。
著書:○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
より抜粋していますので、詳しくはご購入ください。

この10年間ほどで誰もがパソコンを持つようになり、ブロードバンドやユビキタスの環境が整ってきました。その結果、インターネット人口は爆発的に増え続け、今では、毎日あるいは四六時中アクセスする人も珍しくありません。ユーザーは、何か調べ物をしたり、物を買ったりするのに、普通にインターネットを使うようになりました。同時にホームページを制作する人もどんどん増えてきて、いまや世界中で数十億ページものホームページが存在しています。そしてさらに今も増え続けているという状態です。

そういう状況で、ホームページ制作者や運営者圦無数のホームページの中からどうやって自分のところに見に来てもらえるのかを、真剣に考えるようになるのは自然な流れでしょう。そして今、「そうか。ほとんどのユーザーは検索エンジンでホームページを探すのだから、検索エンジンの表示結果に表示されるようにすれば、自分(自社)のホームページに来てもらえるぞ」と考えるようになりました。その考えを実現する手段が、この1年ほどのあいだに巷で囁かれだしたSEO(=検索エンジン最適化)テクニックです。