フィンランドの北欧雑貨について

1951年に北欧フィンランドのテキスタイルブランドとしてスタートし、世界中にその名をとどろかせるブランド、マソメッコ。ファッション、バッグ、インテリアに北欧雑貨などさまざまな商品を展開し、今ではライフスタイルブランドともいうべき存在であるが、ここではその原点ともいうべき北欧テキスタイルに注目していこう。

前ページに登場したウニッコをはじめ、名前は知らなくとも、誰もが一度は目にしたことのある北欧雑貨の柄が、マリメッコには数多い。フラワーモチーフに幾何学模様、キャラクターモチーフに古代風模様……。実にさまざまなテキスタイルパターンがあるが、北欧雑貨定番中の定番といえば、北欧のウニッコの生みの親、マイヤーイソラの「カイヴォ」や「ヨーナス」だろう。一方最近では若手デザイナーによる新鮮で斬新な、けれどもどこかに懐かしさを残したテキスタイルパターンも定着しつつある。マイヤーロウェカリやサンナーアンヌッカなどは、マリメッコの北欧雑貨の新時代を予感をさせる存在だ。

ところで、そんな北欧雑貨やテキスタイルを生活空間に取り入れるのには、何かコツがあるのだろうか。 「マリメッコのテキスタイルは、シックなものからかわいらしいものまで幅広く展開しています。お気に入りを見つけたら、一番のおすすめは、カーテンとして使うことですね。柄の見える面積が広い分、部屋の印象ががらりと変わるんです。ただ、そこまで大胆に取り入れる自信がないという人には、クッションカバーやファブリックボードがおすすめ。小さなアイテムや雑貨でも、お部屋のイメージがずいぶん変わりますよ」(広報・高橋さん)

大好きな柄がそばにあると、気持ちがぱっと明るくなる。さあ、早速マソメッコの北欧テキスタイルを暮らしに取り入れてみませんか?